取扱い製品

CR-PVS1

CR-PVS1

PV出力指標RTUモジュール

汚れや積雪によるPVモジュールの発電損失(ソイリング)は、ソーラープラントにおける重大な問題の一つです。
CR-PVS1は、ソイリングの影響の評価、管理に必要な情報を提供することができます。

ソイリングによる損失計算は、業界のスタンダードな方法を用いて行われます。
その他のデータ処理が行えるように、生データも同時に記録されます。

特徴

  • Real-time Soiling Loss Index(SLI)計測および制御システム
  • オンボードのデータフィルタリングで高品質のデータ取り
  • 日平均のソイリングの損失計算
  • Modbus, DNP3など多くの通信規格に対応
  • 面倒なプログラミングが不要
  • 簡単設置で即日使用

製品仕様

ソイリング損失指標 ≈1%
PVパネル ≤300Wの結晶タイプと薄膜タイプ
最大電圧 50V
最大電流 20A
計測正確度 ≈2µV
温度 計測範囲 −40~135°C
不確実性 −40~70°C ±0.2°C
71~105°C ±0.5°C
106~135°C ±1°C
Steinhart-Hart式誤差 0.0024°C(-40°Cにおいて)
閉回路電流 最大動作温度 80°C
シャント正確度 ±0.25%
通信 ModbusRTU規格 RS-232, 19200 baud, 8 data bits, no parity, 1 stop bit
サポートFunction 03
Modbusアドレス 11
データタイプ 32bit浮動小数点、CDAB
USBポート Micro-B, 2.0 full-speed 21 Mbps
RS-232ポート D-Sub 9ピンコネクターメス
システム 時計正確度 ±1分/月
時計分解能 1マイクロ秒
プログラム実行間隔 30秒
電源 CHG端子入力 16~32Vdc、電流限界0.9A、アダプタおよびソーラーパネル
BAT端子入力 12VdcVRLA電池(7Ah typical)
内部電池 3Vコイン型リチウムバッテリーCR2016
消費電流 スリープ時 1.5mA
1Hz計測時 5mA
USB給電 プログラム、設定確認用
コンプライアンス 輸送試験 ASTM D4169-09
IP等級 30
寸法 マウント無し W20.3×H6.3×14cm
マウント有り W21.6×H6.3×14cm

より詳細な仕様情報や技術情報は下記PDFをご覧下さい