オンラインショップ

取扱製品

HFP01

HFP01

土壌熱流板

HFP01は主に熱収支や、ボーエン比の算出に用いられる土壌の熱流を計測します。
HFP01はらせん状に溝が刻まれたデザインをしています。
この溝により設置が容易になり、土壌との接触が良くなります。
ケーブルコネクタはIPレート67の防水防塵性能があります。
また、フィルムヒーターにより、自身で熱流を発生させてキャリブレーションを行うことができるHFP01SCがあります。

特長

  • 全ての基本的な土壌データをSDI12で一発取得
  • 0.5m(6センサー)と1m(9センサー)の2タイプ
  • 手早く容易な安心設置

仕様

HFP01

動作温度 -30~+70°C
センサータイプ サーモパイル
計測範囲 ±2,000W/m²
Snsitivity(センサー固有) 約50µV/W/m²
期待正確度 -15~-5%(一般土壌中)
名目抵抗値
センサー熱抵抗 <6.25E-3Km²/W
センサープレート寸法 φ80x5mm
センサープレート重量 200g

HFP01SC

動作温度 -30~+70°C
平均消費電力 0.02~0.04W
センサータイプ サーモパイル&フィルムヒーター
ヒーター入力電圧 9~15Vdc
ヒーター出力電圧 0~2Vdc
期待正確度 読み値の±3%
Snsitivity 校正証明書に記載
名目抵抗値
センサー熱抵抗 校正証明書に記載
校正時間 ±3分@1.5W(通常3~6時間ごと実行)
センサープレート寸法 φ80x5mm
センサープレート重量 200g

より詳細な仕様情報や技術情報は下記PDFをご覧下さい

HFP01 英文マニュアル HFP01SC 英文マニュアル